Customer interview

​ご利用者さまの声

インタビューにお答えいただいた方

福島典子さん

2019 年11月からcolorを利用。ご自身も社会福祉士、精神保健福祉士の資格を持ち、障がいをお持ちの方、そのご家族を支援するお仕事をされています。

インタビュアー

石井宗仁

放課後等デイサービスcolor管理者 兼 児童発達支援管理責任者。一般社団法人あそびて代表理事。

​社会福祉士・保育士。

​石井:本日は宜しくお願いします!最初にcolorを知ったきっかけを教えてください。

福島さん:宜しくお願いします!colorは2019年の11月から利用していますが、最初は相談支援専門員の方から「いい放デイ(放課後等デイサービス)があるので見に行きましょう」とお誘い頂いたことがきっかけでした。

石井:実際に利用を検討するにあたってご家庭での困り感があってご利用を検討されたのですか?

福島さん:行動面の困り感が多かったですね。以前は姉と同じ放デイに通っていたのですが、実際に放デイでどんな様子なのか実状が見えないことが不満でした。

そんな中、息子が放デイのガラスを割ったことが一度ありました。そういった子どもの困った行動を(その放デイは)一旦は受け入れてくれるのですが、何と言うか、そこからどうしていくのかという点ではいまいち…。息子は発語がないので、連絡が来るときは何かトラブルがあった時。普段からどんな風に放デイで過ごしているかも分からない中で、何かあった時だけ連絡が来るような状態でした。

​石井:実際にcolorを使ってみてどう感じていますか?困り感に対しての効果実感はありますか?

福島さん:夫も「変化が見えた」と言っています。どのような変化があったか、を説明するのは難しいですけど、今まで使ってきた放デイと比較して、というべきかもしれません。今までは本人の成長が見えてこなかったんです。

colorを利用していくと本人の変化を感じる事ができます。その変化が新たな困りごとに繋がることもありますが、全体的に「本人が何かをやろうとする力」がついてきたなぁと言うのが率直な感想ですね。

あとcolorのいい所は保護者への記録が紙ベースじゃなく、WEBで提供されるのは私は好きです(笑)他の放デイで使われている複写式のノートが私はちょっと苦手で・・・読めて、書ければそれで十分なので・・・

​石井:今までいくつくらいの放デイを利用されたことがありますか?またcolorが他の放デイと違うと感じる部分は何かありますか?

福島さん:放デイはcolorも含め3つ使ったことがあります!ただ現在も利用しているもう1つの所は児童発達のような意味合いで利用していて、放デイ的な使い方ではないので・・・

そうですね、他の放デイとの違い。本人との距離感の適切さをcolorでは感じますね。「〇〇ちゃーん」のように極端に距離感を縮めるようなアプローチではなく、「いい意味」で本人にとっていい距離感で接してくれているような気がします。

 

colorではお迎えに行った際の引継ぎの際に「今日は荒れていました」というような事実を伝えてくれるだけではなく、「その行動の原因は・・・」というように踏み込んで解決を考えるアプローチを話してくれるところも違う部分かなと思います。

​石井:そのように言って頂き嬉しいです!

福島さん:あとcolorは子どもひとり一人について柔軟に対応してくれる、いい意味で「特徴がない」というところに惹かれた部分がありましたね。まだ私が使い始めた時は、教室をオープンされてから間もなく利用者の方も少なかったので、青田買い的な感覚でした(笑)

息子は手がかかる子なので、分かりやすい行動面の困り感があると思います。でも、colorではそれをいい意味でスタッフが興味深く見守ってくれているような、そのように本人と接してくれているという実感はありますね。

​石井:colorにはどんなお子さんが向いていると感じられますか?

福島さん:colorはスタッフの方が若いので元気な子!にも向いていると思います。

​あとは、何か決められた「枠」に子どもをはめようというスタッフがいないので、元から決まっているカリキュラムやプログラムに参加させられるのが苦手な方にもいいと思います。

​あとcolorは預かり体制も柔軟で使いやすく良いと思います。

​石井:colorのご利用を検討されている方に一言お願いします!

福島さん:仕事柄色々な事業所を見てきましたが、これからも進化・成長を続けていく事業所だと思いますので、是非一緒に育てていっていただけたらと思います!

子ども自身の人権を尊重しながら、保護者に対しては過剰でもなく、何も伝えてくれない訳でもなく、良い感じのバランス感で接してくれます。放デイは子どもの支援はもちろんですが、一般的には家族支援の部分が大変と言われるところです。colorはその中でも、本人の支援、家族の支援を両立させようと頑張っている事業所ではないかなと思います。

​石井:本日はありがとうございました!これからも頑張ります!

こちらのインタビューは2020/11/20に行いました。

colorの教室見学はこちらから予約可能です。是非見学にお越しください。

放課後等デイサービスcolor|福岡市南区五十川1-16-9  

092-710-6665 / info@asobitecolor.com​

営業日:月曜日~土曜日 

​​営業時間:月曜~金曜日 11:00~19:00

     土曜日・祝日 9:00~17:00 ※前後の延長もご相談ください。

  • Facebookの - 灰色の円
  • Instagramの - 灰色の円